スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」清水宗治の辞世の句

「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」


~清水宗治の辞世の句~


清水宗治は戦国時代の武将です。

羽柴秀吉の水攻めに遭った備中高松城の城主です。


水攻めによって城は水没寸前、毛利氏からの援軍は来ない。城もろとも水没し城兵は全員水死するしか残りの選択肢は無い状況で、羽柴秀吉は「清水宗治の命を差し出し降伏すれば城兵の命は助けても良い。」という講和条件を出します。


清水宗治はその条件を飲み、一艘の小舟で高松城を出て秀吉の本陣がいる蛙ヶ鼻へ向います。


そして秀吉の目前で舞を舞い、辞世の句を詠み切腹します。兄の月清入道、弟の難波伝兵衛も続いて切腹。


介錯をした家臣の国府市正は、宗治の首を首桶に入れて検死役の堀尾茂助吉晴に渡した後、宗治の遺体を城内に運び丁重に葬ってから自害したと伝えられています。


余りにも見事な切腹だった為、秀吉は「名将・清水宗治の最後を見届けるまでは、この場を離れる訳にはいかん」といって、宗治の最後を見届けたといいます。


城兵の命を守る為に己の命を差し出した清水宗治は、辞世の句の通りその名を歴史に残したのです。


清水宗治の切腹以降、切腹は武士の名誉ある死として定着します。


織田信長の死を知り、一刻も早く京に戻って敵討ちをしたかった秀吉が、清水宗治の切腹を最後まで見届けたというのだから、それほどに見事な切腹劇だったのでしょう。

line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
癒しの名言検索
line
カテゴリー
line
最近の記事
line
広告
line
RSSフィード
line
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

line
リンク
line
フリーエリア
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。