スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

死して不朽の見込みあらば 吉田松陰の名言

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし
生きて大業のみこみあらばいつでも生くべし


~吉田松陰の名言~

この言葉は、吉田松陰が高杉晋作にしたためた手紙の一文だと言われています。

「死んだとしても、朽ち果てる事の無い自信があれば死を選んでもいいだろう。
生きている事が大きな仕事につながるなら、どんなことをしても生き延びなさい。」

という意味です。

当時、江戸で獄中にいた松蔭を、高杉晋作ら松下村塾の塾生たちが、命をかけて助け出そうとしていたときに、吉田松陰は晋作にこの手紙を書いたといわれています。
吉田松陰は、安政6年(1859年)10月27日に斬刑に処されます。享年30。

高杉晋作は、吉田松陰のこの言葉に従い、命がけの救出を諦め、生き延びることを選択します。
そして、文久3(1863)年、有名な「奇兵隊」を組織します。
奇兵隊は吉田松陰の「草奔崛起」の考え方を受け継ぎ、志があれば身分に関係なく、誰でも参加できる組織だったようです。
高杉晋作は、生きる事で、奇兵隊を作り新しい時代の礎を築きました。
吉田松陰は、30歳で亡くなりましたが、彼の精神や考え方は、弟子たちに受け継がれ、朽ち果てる事は無かったのです。

「死んで不朽の見込みあらば」の部分は、吉田松陰自身に当てはまり
「生きて大業のみこみあらばいつでも生くべし」の部分は、高杉晋作はじめ、松下村塾の塾生たちに当てはまる。
見事な名言だと思います。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
癒しの名言検索
line
カテゴリー
line
最近の記事
line
広告
line
RSSフィード
line
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

line
リンク
line
フリーエリア
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。