スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

政(まつりごと)をおこなう者が

政をおこなう者が、太陽や月のようにあまねく国を照らさなければ、
幸福な国を作る事は出来ない。


聖徳太子の名言


国内に政治不信が続いていますね。

なぜ、国民が政治に不信感を抱いているのか。

それは、「国民不在の政治」という事に尽きるのではないでしょうか。

格差社会といわれ、年金問題や後期高齢者医療制度等、本当に国民の為の政治と言えるのか?


今回紹介した名言は

「政治家は、太陽や月のように全ての国民を照らさなければいけない」

という聖徳太子の名言です。

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日)(同29年2月5日説あり-『日本書紀』))は、飛鳥時代の皇族とされる人物。

用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)とされる。また、『上宮聖徳法王帝説』などでは厩戸豊聰耳聖徳法王の子に山代大兄(山背大兄王)らがいるという。

本名は厩戸(うまやど)であり、厩戸の前で出生したことによるとの伝説がある。ただし、生誕地の近辺に厩戸(うまやと)という地名があり、そこから名付けられたという説が有力である。別名、豊聡耳(とよとみみ、とよさとみみ)、上宮王(かみつみやおう)とも呼ばれた。 『古事記』では上宮之厩戸豊聡耳命と表記される。 『日本書紀』では厩戸皇子のほかに豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王と表記されている。聖徳太子という名は平安時代から広く用いられ一般的な呼称となったが、後世につけられた尊称(追号)であるという理由から、近年では「厩戸王」の称に変更している教科書もある。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




今回『癒しの名言』というブログを解説するにあたり、第一回目の名言にふさわしい言葉だと思います。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
癒しの名言検索
line
カテゴリー
line
最近の記事
line
広告
line
RSSフィード
line
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

line
リンク
line
フリーエリア
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。